厄年は悪い意味ではない!その根拠と正しい意味は?

厄年はあるのか 占い・迷信・歴史の豆知識
厄年の由来

世間では、よく42歳の厄年だ、33歳の大厄だといって心配している人が大勢いますが

結論、厄年を悪事と捉える必要は決してないのです。

「厄年はあるのか、厄を防ぐには」の疑問についてふれていきます。

【厄】という漢字の意味を知ることから、まず始めていきましょう。


 

「厄」はナゼ悪い意味にとられるようになったの?

「厄」という字は、もともとは木の節のことで、木に節があると製材や木工に困るところから転じて、災いや苦しみの意味に用いられるようになったといわれています。


《90日返金保障》高級はがくれすっぽんの【すっぽんジェンヌ】


 

厄年は「忌み嫌うことではない」根拠

年齢区分についてみていきましょう。

男性は25歳、42歳、61歳は、昔は人間の一生の折り目にあたる年祝いの行われた年齢で、青年が壮年組に入り、村人のために諸種の役をを得る資格を得、また壮年組に入る節目のことで、けっして忌みきらうことではなかったのです。

また女性の19歳、33歳、37歳は、育児や健康の上でも、ひとつの節し目にあたる時期だったようです。

 

『厄と申すは譬えば賽には角(かど)、升には角(すみ)、人には関節、方には四維(よすみ)の如し』

と、サイコロの角・升のすみ・人体の関節・方位の四隅などのように、厄とは人生における大事な折り目のことなのだとの教示があります。



フィンジア!業界独自の高配合成分!反動無し!

 

 

語呂合わせは馬鹿げたこと

そうした時期に、単なる42歳は「死に」通じるから、33歳は「さんざん(苦労する)」などと語呂合わせをして思い悩むのはまったく馬鹿げたことだといわなくてはなりません。

また、世間の迷妄に紛動されて、見境なくで厄ばらいなどに走りまわる人は、

「善を修すると打ち思いて、又そばの人も善しと打ち思いてある程に、思わざる外(ほか)に悪道にお堕つる事の出で来候」

と説かれているように、かえって余計に災や魔が競うのです。

 

私たちはこの厄年の節目の時こそ、邪信・邪説に惑わされることなく、より輝かしい人生を切り開いていくことが必要なのです。

 

※「仏滅・友引」などについての記事はコチラ!→https://bannyblog.com/sixdays/

 


登録済みドメインでも手に入る「お名前.com プレミアムドメイン」

 

 

最後に

厄はけっして恐ろしいものではなく、むしろその時こそ若さを増し、ハツラツとして福徳を積むことができるのです。

『三十三の厄は転じて三十三の幸いとならせ給うべし。七難即滅七福即生とは是なり。年は若うなり、福は重なり候べし』との教えがあります。




「厄年はあるのか」「厄を防ぐには」・・・正しい認識を持ちましょう

なにか悪いと思ったことが起きたとしても『それは厄年だから』ではないのです。

それに、一見「悪い」と思ったことも長い目で見ると「良いこと」の始まりなものもあるでしょう。

また私たちは、悪いことに注目しがちですが良いこと(ハッピー)に関してはどうでしょう?

厄年が悪いものであるならば、些細なことから大きなことまで『良いことや気持ち』は厄年期間中には現れてこないことになります(o^―^o)



大事なのは「自分で自分を振りまわされないこと」ですね。

以上、厄年について本日は書いてみました。ありがとうございました☆




 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント