甘辛濃い口!照りタップリ!美味しい【うま煮】の作り方

うま煮 料理
美味しい作り方

「うま煮」。全国的に言うと「筑前煮」の方が通じるのでしょうか?




レシピ公開の前にまず予備知識としまして、「うま煮」と「筑前煮」の違いを簡潔に解説し本題へ入りまーす。

 

 

「うま煮」と「筑前煮」の違い

うま煮:

「うまし」という言葉は「旨し、甘し(うまし、うまし)」と書いて「味がよい、甘い」という意味に使われます。したがって「うま煮」は少し甘めの濃い味付けの煮物のことですが、はっきりとした決まりはないそうです。

 

筑前煮:

九州の筑前地方(福岡県)の郷土料理で、鶏肉やレンコン、人参をよく炒めてから調味料を加え、炒り煮したものです。福岡では「ガメ煮」と呼んでいます。

 

記念日・誕生日におすすめのプレゼント特集【IDEA SEVENTH ONLINE SHOP】


 

我が家直伝!【うま煮】の作り方

我が家で40年以上伝わるレシピです。老若男女に愛されています(笑)

 

特徴:

  • 甘め(甘辛)で濃い口
  • 「焼きつけて煮る」
  • 味つけは「しょうゆ」を最後に→甘味が良くついて、しょうゆの香りも飛びません。
  • 「照り」があり、見た目にも食欲をそそる
  • 無水鍋で作ります(なければ普通の鍋でOK!)




では、次項で本題へ!

 

 

材料

  1. 鶏肉:250g
  2. にんじん・ごぼう:各100g
  3. れんこん:200g
  4. こんにゃく:1/2枚
  5. たけのこ(水煮):100g
  6. 干しシイタケ:2枚
  7. 油:大さじ2
  8. だし汁:大さじ4
  9. しょうゆ・砂糖:各大さじ4と1/2
  10. みりん:大さじ3と1/2
  11. (さやえんどう)






育てるフライパン GSW

焼くに特化したフライパン GSW

 

作り方

  1. 鶏肉:一口大の乱切りにします。
  2. にんじん・れんこん:皮をむき、乱切りにします。
  3. ごぼうは:包丁のミネでこそげ落とす程度にし、乱切りにします。(皮のすぐ下が美味しいので皮はむかない
  4. こんにゃく・たけのこ:乱切りにします。
  5. 干しシイタケ:水で戻し、イチョウ切りにします。
  6. こんにゃく:茹でてアク抜きをし、野菜の大きさ位に手でちぎります(表面積は大きくなって、味がよくしみます
  7. 無水鍋(なければ普通の鍋)を中火弱にかけ、水滴を落として玉になるまで熱します。
  8. 油を入れ、1~5の材料を加えて強火で炒めます。鶏肉に火が通ったら、しょうゆ以外の調味料を入れ、フタをして中火で煮ます。
  9. 材料が柔らかくなったら、しょうゆを加え、汁気がなくなるまで煮ます
  10. フタを開けて強火にし、鍋をゆすりながら『照り』を出します
  11. (好みで、さやえんどうを散らします)



 

この「うま煮」だけを おかずに白米が食べられる!

さあ、一度このレシピで作ってみてください!

甘辛・濃い味&照りもタップリの「うま煮」が完成します。

これだけで、白米いけます(笑)立派な、おかずです!



【ファンケル】パソコン・スマホで駆使した目に!スマホえんきん


我が家では、一度に、レシピの3倍ほどの材料量で大鍋に作ります。

多めに作った方が美味しくなるのはカレーも同じですね。不思議です。なので、多めに作って2~3日で分けて食べたり、「おすそ分け」するのも悪くないですよ(o^―^o)

 

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』



詳細はコチラ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント